タイトル
非雇用競争
家庭教師のこと
家庭教師を選ぶ前
家庭教師派遣会社
業者比較
いい所?わるい所?
サイトマップ
リンク
ご連絡

注意事項

当サイトの文章は全て管理人が
ネット上で集めたものであり、
その正確性は
保証致しかねます。

どうぞご了承ください。

被雇用競争


■新着ページ■



日本の失業率は現在で(2007年10月)で4%台まで下がった。しかし、高度成長期以降、1990年代前半までは、2%台という極めて低い水準を維持していました。そして、今でもリストラや倒産は過去の言葉になっていません。また、最近の企業は、新しい新人を確保することが少なくなっています。

そんな被雇用競争とも言える中、少しでも強い武器として、上の大学を目指す人が多くなっています。特に最近では、中学受験という言葉も一般的になってきました。その学校に入っているかいないかで、被雇用者になれる可能性が高くなるからでしょう。

そのため、最近では家庭教師や塾といった学校外での受験対策も一般的になってきました。

家庭教師

今回は、塾よりも家庭教師について考えていこうと思います。そもそも、家庭教師とは主に中学生、高校生、または中学受験前の小学生に対して、家庭で勉強を教える私教師のことです。国家資格ではないので教員免許も必要ないので、大学生がアルバイトで行っていることも多いです。

目的は学習塾などと同様に、学校の授業不足を補ったり、、受験勉強の指導をして、志望校を合格させるために依頼することが多くなっています。最近ではそういったことを職業としている会社も増え始めています。

特別に家庭教師そのものを定義したものはありませんが、特定商取引法(特商法)における事業者サービスとしての定義によると、「学校(小学校及び、幼稚園を除く)の入学試験に備えるためまたは学校教育(大学および幼稚園を除く。)の補習のための学力の享受(いわゆる学習塾以外の場所において提供されるものに限る。)」とされています。

つまり、噛み砕いて言うと「中学、高校や大学へ行くための入学試験や補習のために学習塾以外の場所で学習させる人」が家庭教師であるということです。つまり、学習塾や学校以外の場所なら、公園でも、橋の下でも、10人でも、20人でも家庭教師ということになります。

そうは言っても現在では、数千とも、数万とも言われる家庭教師を派遣する企業があります。もちろん個人で探す人もいますが、周りに教えれらる人がいなかったり、また学習内容の違いなどのトラブルなどもありますので、きっちりとした企業を選ぶ人が増えてきているらしいです。でも、どこが良い家庭教師を派遣してくれるのかわからないという方が、家庭教師選びで失敗したという体験談も数多くあります。

志望校に合格することができれば、子供の将来に影響します。そうです、家庭教師を選んだときから、子供の将来にも関わってくるのです。失敗して後悔しないようにするにはどうしたらいいか一緒に考えて行きましょう。

Valuable information

水戸市で不動産を探す
http://www.toyoestate.co.jp/
名入れタオルの制作
http://www.yattowel.jp/
睡蓮鉢の通販販売
http://goldfish-workshop.net/
ライン 掲示板でみんなと話そう
http://xn--linea-nn8jw3tqx3b.com/
line 掲示板はこちら
http://sagaasu.net/line/